ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め

レシピをすぐ見たい方は、こちらから。

ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です!今回は「ニラ」「もやし」「豚ひき肉」を使って、『ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め』を作ってみました。

正直に言います。シャッキシャキのもやしとニラの食感がマジたまらないです!そして、一粒一粒が香ばしく、肉のジューシーさを伝えてくれる”豚ひき肉”がちりばめられた、この炒め物を見て食欲が湧かないわけがない!!左手には大盛のご飯が添えられて、坦々炒めをそのご飯にワンバンさせてから口いっぱいに頬張る・・・幸せです!

今回作った『ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め』には、もやしをたくさん使っています。あまり知られていませんが、実はもやしには、3つのすごい栄養があるんです!もやしの栄養や効果をチェックすれば、今晩の料理や献立から栄養素をバランスよく摂取することができるようになります。そして、あなたの健康を保つことに役立てていただけたら嬉しいです。

あなたの知らない『もやし』のこと

『もやし』は、漢字で『萌やし』と書きます。漢字の意味から種から芽が出ることを表していて、本来は特定の野菜を指す言葉ではないそうです。広い意味では、「かいわれ大根」や「豆苗」、「アルファルファ」、「ブロッコリースプラウト」などの発芽野菜も『もやし』に相当すると言われています。一般に『もやし』と呼ばれている野菜は、大豆や緑豆などの豆類を発芽させたもので、光を遮断した容器の中で、水だけで育てられるのが特徴的です。温度や湿度などがしっかり管理された場所で、自然環境の影響を受けずに生産されるので、常に安定した価格と品質が保たれています。

もやしについて

現在、国内に流通している『もやし』は、「緑豆もやし」「ブラックマッペもやし」「豆もやし」の3種類です。全国のもやし生産量の約9割は緑豆もやしが占めています。西日本では細身の「ブラックマッペもやし」が好まれています。 『もやし』の原料となる豆類の種は、良質なタンパク質や脂肪、炭水化物の宝庫です!発芽して、『もやし』になる過程でこれらの成分が分解され、もともと含まれていなかった栄養素が生成されていきます。栄養成分的には、「緑豆もやし」も「ブラックマッペもやし」も大きな差はありません。注目するのは、「豆もやし」に含まれる栄養成分です。各栄養成分が他の『もやし』に比べて2倍以上含まれています。

もやしについて

『もやし』の栄養素とその効果

❶栄養素「カリウム」とその効果

『もやし』には、「カリウム」も豊富に含まれています。 「カリウム」はミネラルの一種ですが、ビタミンと同様に人間が体内で作れないので、食事などからバランスよく摂取することが大切になってきます。「カリウム」には、食塩に多く含まれるナトリウムとのバランスを整える働きなどがあります。授乳中の人などは、「カリウム」が不足しがちとも言われていますので、意識して摂って頂きたい栄養ですね!

1)むくみの解消

2)高血圧の予防

3)脳卒中の予防

4)骨密度アップ

カリウムは日常的な食事において十分な量が摂取されることが重要であり、適切な量のカリウム摂取は健康維持や身体機能の正常な運営に不可欠です。

もやしについて

❷栄養素「カルシウム」とその効果

「カルシウム」も『もやし』に多く含まれるミネラルのひとつです。「カルシウム」は、乳製品や小魚などに多く含まれることで知られています。しかし、それらを食べるのが苦手な人も、『もやし』から摂ることができます!!「カルシウム」は、不足するとイライラしたり、骨粗相症などの病気のリスクが高くなってしまうので、成長期の子どもや骨粗相症にかかりやすいと言われる中高年期の女性の方には、欠かせない栄養素なので、しっかり摂って頂きたいです。

1)丈夫な骨や歯を作る

2)心が落ち着く

3)動脈硬化の防止

4)血液サラサラ

カルシウムは、人体にとって非常に重要なミネラルで、骨や歯の構成に欠かせない成分です。また、筋肉の収縮、神経伝達、血液凝固、酵素の活性化など、さまざまな生理機能にも関与しています。

もやしについて

❸栄養素「アスパラギン酸」とその効果

「アスパラギン酸」は、『もやし』に多く含まれるアミノ酸のひとつです。 「アスパラギン酸」は、利尿作用があり、有害なアンモニアを体外へ排出し、中枢神経系を保護してくれます。また、カリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをしてくれるため、疲労回復にも効果があります。そして、うま味を持つアミノ酸として、様々な食品にも含まれています。「アスパラギン酸」は、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルを細胞に運ぶ役割もあるため、ミネラル類と一緒に食べるとより効果的です。

1)疲労回復

2)体調を整える

3)アンモニアの解毒作用

4)スキンケア作用

アスパラギン酸は、エネルギー代謝、神経伝達、アンモニアの解毒など、さまざまな重要な生理機能に関与する重要なアミノ酸です。日常の食事から適切に摂取し、健康維持に役立てましょう。

もやしについて

❹もやしの栄養素とその効果まとめ

もやしについて

『もやし』の栄養はどこにあるの?

『もやし』の部位は、「軸(白い部分)」と「ひげ根」、「子葉(薄黄色の部分)」や「豆」から構成されています。そのうち、栄養が多く集まっていると言われているのは「子葉」や「豆」の部分になります。特に豆もやしの「豆」の部分には、タンパク質やイソフラボンが豊富に含まれています。料理の触感や見栄えをよくするために「ひげ根」を取り除いたり、あらかじめ「ひげ根」が除去された「根切りもやし」というものがありますが、実は「ひげ根」には食物繊維がたっぷり含まれているので、栄養面から考えると「ひげ根」は取らずにそのまま食べるのが健康にいいです。

もやしについて

『もやし』はダイエットにも効果あり

『もやし』のカロリーは、100g当たりにわずか15~30kcal(角砂糖の13分の1)低カロリーなのにボリュームたっぷりなので、主食をもやしに置き換えたり、いつもの料理を『もやし』で”かさ増し”することで摂取カロリーをコントロールすることもできます。糖質も100g当たり0~1.3g(お米の30分の1)なので、糖質制限ダイエットにも効果的です!お通じを改善する食物繊維や体内の水分を排出するカリウム、代謝をアップさせるビタミンB群やアスパラギン酸などの栄養分も痩せやすい体へ近づけてくれます。

『もやし』は、動物性タンパク質と組み合わせると、料理の栄養価が格段にアップします!例えば、ビタミンB群がたっぷりの『もやし』は豚肉と合わせることで、疲労回復効果がグッと上がる食べ合わせです。完全栄養食と呼ばれている卵も『もやし』との相性がよく、卵に含まれていない食物繊維とビタミンCを『もやし』が補うことでバランスよく栄養を摂取することができます。また、ニラやにんじんなどの緑黄色野菜ともやしの組み合わせも鉄板。緑黄色野菜が『もやし』に含まれていないβカロテンを補い、料理に彩りもプラスしてくれます。

もやしについて

もやしの栄養や効果、特徴をチェックすることはできましたか?チェックした栄養や特徴が、あなたの今晩の料理や献立、健康を保つことに役立ってくれたら、とても嬉しいです。

人気急上昇中のレシピ

忙しいあなたにピッタリのレシピ達です♪

柔らか鶏むね肉のよだれ鶏

柔らか鶏むね肉のよだれ鶏

レシピをすぐ見たい方は、こちらから。 ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です!今回は鶏むね肉」「きゅうり」「ミニトマト」を使って、『柔らか鶏むね肉のよだれ鶏』を作ってみました。 今晩のおかずに、しっと […]

にんじんとニラともやしのひき肉炒め

にんじんとニラともやしのひき肉炒め

正直に言います。シャッキシャキのもやしとニラの食感がマジたまらないです!そして、一粒一粒が香ばしく、肉のジューシーさを伝えてくれる”豚ひき肉”がちりばめられた、この炒め物を見て食欲が湧かないわけがない!!左手には大盛のご飯が添えられて、ひき肉炒めをそのご飯にワンバンさせてから口いっぱいに頬張る・・・幸せです

チンゲン菜と豚肉の中華炒め

【2024年1月最新】『チンゲン菜と豚肉の中華炒め』が仕事帰り10分でできた!帰宅が楽しみになる晩ご飯レシピ

レシピをすぐ見たい方は、こちらからどうぞ。   ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です! 今回は「チンゲン菜」「豚バラ肉」「しめじ」を使って、『チンゲン菜と豚肉の中華炒め』を作ってみました。 […]

お待たせいたしました。それでは、さっそく『ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め』に必要な材料と作り方をご紹介します。

レシピへ

ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め

◆材料

  • 豚ひき肉 ・・・・・・・ 100g
  • もやし ・・・・・・・・ 1袋
  • ニラ ・・・・・・・・・ 1/2束
  • 長ネギ ・・・・・・・・ 1本
  • にんにくチューブ ・・・ 3㎝
  • 生姜チューブ ・・・・・ 3㎝
  • 白すりごま ・・・・・・ 大さじ1
  • 豆板醤 ・・・・・・・・ 小さじ2
  • 味噌 ・・・・・・・・・ 小さじ2
  • 鶏ガラスープの素 ・・・ 小さじ1
  • 塩コショウ ・・・・・・ 少々

◆作り方

 

  • ニラ[1/2束]は5㎝幅に切ります。
  • 長ネギ[1本]は1㎝幅の斜め切りにします。
1

 

  • フライパンに分量外のごま油[大さじ1]を引いて熱し、豚ひき肉[100g]を炒めます。
  • 豚ひき肉の色が変わってきたら、にんにくチューブ[3㎝]と生姜チューブ[3㎝]、豆板醤[小さじ2]を加えて炒めます。
  • もやし[1袋]と長ネギ、ニラを加えて炒めます。
  • 火が通ったら、味噌[小さじ2]と鶏ガラスープの素[小さじ1]、白すりごま[大さじ1]を入れて炒め合わせます。(味噌が溶けない時は、料理酒[少々]を加えて溶かします)
  • 塩コショウ[少々]で味を整えます。

ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め

2

 

  • 器に盛り付ければ出来上がりです。

ニラもやしと豚ひき肉の坦々炒め

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。よろしければ、また違うレシピでお会いいたしましょう。それでは皆様、本日も1日Let’s クッキング♪

もやし(豆芽)は、豆類の種子を発芽させたもので、食用として世界中で親しまれています。もやしには主に緑豆や大豆などが使用され、その栄養価の高さと簡単な栽培方法から、古代から現代に至るまで多くの文化で重宝されています。以下に、もやしの歴史について詳しく説明します。

1.古代の起源

もやしの歴史は非常に古く、紀元前数千年にまで遡るとされています。特に中国では、もやしは伝統的な食材として古くから利用されてきました。古代中国の医書や農書には、もやしの栽培方法やその健康効果について記述が見られます。もやしは、簡単に栽培できるため、戦時中や飢饉の際にも重要な栄養源として役立っていました。

2.中国からの伝播

中国から日本、朝鮮半島、東南アジアへと伝わり、各地で独自の栽培方法や料理法が発展しました。日本には、奈良時代(710-794年)にはすでに伝わっていたとされ、江戸時代(1603-1868年)には広く普及していました。

3.日本におけるもやし

日本では、もやしは「御芽」とも書かれ、古くから庶民の食卓に登場していました。江戸時代には、もやしの栽培が商業化され、都市部の市場でも手に入るようになりました。もやしは栄養価が高く、特にビタミンCや食物繊維が豊富であり、安価で手に入るため、庶民の健康維持に大いに貢献しました。

4.現代のもやし

現代においても、もやしは世界中で広く食されており、その利用範囲も拡大しています。アジア料理だけでなく、西洋料理やフュージョン料理にも使用され、健康志向の食材としても注目されています。もやしの栽培は簡単で、特別な設備がなくても家庭で育てることができるため、家庭菜園としても人気です。

5.栽培と栄養

もやしの栽培は非常に簡単で、短期間で収穫できるのが特徴です。緑豆や大豆の種を水に浸して発芽させ、日光を避けた暗い場所で育てることで、数日で収穫できます。もやしは低カロリーでありながら、ビタミンC、ビタミンB群、食物繊維、ミネラルなどの栄養素が豊富です。また、抗酸化作用があり、健康維持や美容にも効果があるとされています。

6.もやしの未来

現代の食文化においてもやしは、健康志向の高まりとともにその価値が再認識されています。栄養価の高いもやしは、ヴィーガンやベジタリアンの食事にも適しており、持続可能な食材としても注目されています。また、もやしの生産は比較的環境負荷が低いため、環境保護の観点からもその需要が増えることが期待されています。

もやしは、古代から現代に至るまで、世界中で愛され続ける栄養豊富な食材です。簡単に栽培できることから、家庭でも手軽に楽しむことができ、多様な料理に取り入れることができます。これからももやしは、健康と環境に配慮した食材として、その価値が見直されることでしょう。

もやしは多くの料理に使える便利な食材ですが、さらにその魅力を引き出すために、いくつかの裏技やコツがあります。もやしを使った料理がもっと美味しく、そして便利に楽しめる裏技をご紹介します。

1. 保存方法を工夫する

水につけて保存する: もやしは傷みやすいので、買ったらすぐに水に浸して冷蔵庫で保存すると鮮度が保たれます。もやしを水に浸し、毎日水を交換すれば、1週間程度はシャキシャキの状態をキープできます。もやしを冷凍保存する場合は、軽く茹でてから冷水で冷やし、水気をしっかり切ってからジッパー付きの袋に入れて冷凍します。使う際には、凍ったまま炒め物やスープに加えると便利です。

2. シャキシャキ感を保つ

もやしのシャキシャキ感を保つためには、調理時間を短くすることが重要です。さっと茹でるか、短時間で炒めることで食感が良くなります。もやしを茹でる際に塩を少し加えると、シャキシャキとした食感が保たれます。また、茹でた後はすぐに冷水で冷やすとさらに効果的です。

3. 臭みを取る方法

もやしの独特な臭みを軽減するためには、茹でる際に少量の酢を加えると効果的です。酢を加えることで臭みが和らぎ、さらに食感も良くなります。もやしを電子レンジで加熱する際にも、酢を少し振りかけてからラップをかけて加熱すると、臭みが取れやすくなります。

4. 料理のバリエーションを増やす

もやしと相性の良い豚肉や牛肉、ニラやピーマンなどと一緒に炒めると、美味しい一品が簡単に作れます。醤油やオイスターソース、豆板醤などを使って味付けすると、バリエーションが広がります。もやしは生でも食べられますが、さっと茹でてから冷やしてサラダにすると美味しいです。ごま油やポン酢、胡麻ドレッシングなどで和えると、さっぱりとしたサラダが楽しめます。もやしはスープの具材としても優秀です。中華風スープや味噌汁に加えると、栄養価がアップし、ボリュームも出ます。

もやしは、多くの料理に使われる栄養豊富な食材ですが、知られざる興味深い豆知識もたくさんあります。もやしに関するいくつかの豆知識を紹介します。

1. もやしの起源

もやしの歴史は古く、紀元前3,000年頃の中国にまでさかのぼります。当時からもやしは栄養価の高い食材として知られており、健康維持のために食べられていました。

2. 栄養価が豊富

もやしは低カロリーでありながら、多くの栄養素を含んでいます。特に、ビタミンC、ビタミンB群、葉酸、カリウム、鉄分、食物繊維などが豊富です。ダイエット中や健康志向の方にぴったりの食材です。

3. 種類による違い

もやしには主に「緑豆もやし」「ブラックマッペもやし」「大豆もやし」の3種類があります。各種のもやしは、それぞれ異なる特徴と風味を持っています。緑豆もやしは、最も一般的で、シャキシャキとした食感が特徴。ブラックマッペもやしは、やや細めで柔らかく、優しい風味が特徴。大豆もやしは、 太くてしっかりとした歯ごたえがあり、ナムルなどに適しています。

4. 発芽のプロセス

もやしは豆から発芽させて作られます。発芽の過程では、水と光が重要な役割を果たします。もやし栽培は、湿度と温度の管理が重要で、家庭でも簡単に栽培できることから、自家製もやしを楽しむ人も増えています。

5. 美容効果

もやしに含まれるビタミンCやビタミンEは、美肌効果があります。これらのビタミンは抗酸化作用があり、肌の老化を防ぎ、健康な肌を保つのに役立ちます。また、食物繊維が腸内環境を整えるため、美肌効果を高めます。

6. 保存方法

もやしは非常にデリケートで、保存方法によってはすぐに痛んでしまいます。冷蔵庫で保存する際は、水に浸しておくと鮮度が保たれます。冷凍保存する場合は、軽く茹でてから保存すると品質が維持されます。

7. 低コストの食材

もやしは非常に安価で、家庭の食費を抑えるのに最適な食材です。そのため、節約料理や学生の自炊にもよく使われます。

8. さまざまな料理に応用

もやしは、炒め物、サラダ、スープ、鍋物など、さまざまな料理に使われます。その汎用性の高さから、和食、中華料理、洋食など、さまざまな料理で重宝されています。

9. エコフレンドリーな食材

もやしは比較的短い期間で成長し、水の使用量も少ないため、環境に優しい食材とされています。持続可能な食材としても注目されています。

10. 食べ方の工夫

もやしのシャキシャキとした食感を楽しむためには、短時間でさっと炒めるか、さっと茹でるのがポイントです。加熱しすぎると食感が失われてしまうため、調理時間に注意しましょう。