仕事帰りに作れる悪魔の『ネギ牛めし(丸美屋の牛めしの素)』の作り方

仕事帰りに作れる悪魔の『ネギ牛めし(丸美屋の牛めしの素)』の作り方

 

ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です!

今回は丸美屋さんの「牛めしの素(すきやき味)」を使って『ネギ牛めし』を作ってみました。

 

 

↓↓出来上がった『ネギ牛めし』がこちら↓↓

 

 

丸美屋の牛めしの素で悪魔的などんぶり飯!『ネギ牛めし』の作り方

 

 

↓↓アレンジ前はこちら↓↓

 

 

丸美屋の牛めしの素で悪魔的などんぶり飯!『ネギ牛めし』の作り方

 

 

↓↓おそうざいの素がこちら↓↓

 

 

丸美屋の牛めしの素で悪魔的などんぶり飯!『ネギ牛めし』の作り方

 

炊き込みごはんは本当に美味しいです♪しっかりと”すきやきの味”もして、黄身を崩しながら食べるごはんは牛丼そのものです。『牛めし』以外にも沢山のシリーズが出てますので、皆さんも自分だけのアレンジ炊き込みごはんを作って食べてみて下さいね( *´艸`)それでは、さっそく用意する材料と作り方を紹介します。

 

スポンサーリンク

材料(2人分)

 

  • 丸美屋の牛めしの素 ・・・・ 1箱(
  • お米 ・・・・・・・・・・・ 3合(
  • 九条ネギ ・・・・・・・・・ 2本
  • 卵 ・・・・・・・・・・・・ 2個
  • 七味唐辛子 ・・・・・・・・ お好み

 

※推奨3~4人前の分量で炊き込んでいます

 

 

作り方

 

<下準備>

  • 九条ネギ[2本]の根本を切り落とし、2等分にします。それらを束ねて輪ゴムで固定します。端から同じところを何度も切るイメージで細かく輪切りにします。
  • ボウルに水を張り、刻んだネギを水の中で揉み込みます。水の中でもみ込むことでネギの辛みを和らげて(調整)あげます。

 

<調理>

  • お米[3合]を研ぎ、炊飯器に入れます。3合のメモリまでミネラルウォーター、又は浄水を注ぎます。そして、30分ほど浸水(お米に水を吸わせる)させます。
  • 30分浸水後、丸美屋の牛めしの素[1箱]を入れて、平らにならしたら炊飯します。この時、早炊きはダメですよ!
  • 炊き上がったら、よくかき混ぜます。

 

 

トモ
トモ

え、30分も水に浸けるの!?

嫁

知らないの?

嫁

お米は水に浸けて炊くと、デンプンが分解されて糖(甘み)と粘り気が出て、ふっくらとしたごはんになるの。その変化を「糊化こか(アルファ化)」って言うの。お米を研いだ後すぐに炊くと、お米の表面だけが糊化(芯まで熱が届いていない状態)してしまって、芯が残るごはんになっちゃうんだよ。だから、しっかりとお米に水を吸わせてあげると、お米の中心部まで熱が通った、ふっくらしたごはんが炊けるんだよ♪

 

 

トモ
トモ

なるほど!勉強になります!

 

<盛り付け>

  • 器に盛り付けて、刻んだネギと卵をトッピングします。
  • お好みで七味唐辛子をふりかければ出来上がりです。

 

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。よろしければ、また違うレシピでお会いいたしましょう。それでは皆様、本日も1日Let’s クッキング♪