イタリアンドレッシングのケールサラダ

イタリアンドレッシングのケールサラダ

レシピをすぐ見たい方は、こちらから。

ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です!今回は「ケール」を使って、『イタリアンドレッシングのケールサラダ』を作ってみました。

栄養不足で体調イマイチ?仕事が忙しいあなたに、簡単なのに栄養満点、日々の活力源にぴったりな『イタリアンドレッシングのケールサラダ』をご紹介!シャキシャキのケールとイタリアンドレッシングの風味が絶品!レモンの爽やかな香りが全体を包み、ヘルシーで飽きのこない美味しさ♪栄養満点で和の要素もプラスされ、毎日の食事が特別なものに変わります。

今回作った『イタリアンドレッシングのケールサラダ』には、ケールをたくさん使っています。あまり知られていませんが、実はケールには、3つのすごい栄養があるんです!ケールの栄養や効果をチェックすれば、今晩の料理や献立から栄養素をバランスよく摂取することができるようになります。そして、あなたの健康を保つことに役立てていただけたら嬉しいです。

あなたの知らない『ケール』のこと

栄養豊富な注目の緑黄色野菜、ケールをご存じですか?海外セレブたちも美容と健康のために、サラダやスムージー、青汁の原料にも使用されることが多いスーパーフードの1つです。世界が注目するケールの栄養価の高さや、美味しく毎日の食事に取り入れるコツについてご紹介します。

ケールの栄養素について

ケール(Kale)は、一般的に葉物の野菜で、キャベツやブロッコリーと同じアブラナ科に属しています。また、ケールは、栄養価が高く健康に良いとされています。ビタミンK、ビタミンC、ビタミンA、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、ポタシウム)、食物繊維、抗酸化物質を豊富に含んでいます。葉は幅広で、波打つような形状をしており、美しい独自の外観があります。シャキシャキとした食感があり、生で食べると、そのクリスピーな食感が特徴的です。また、ケールの葉は濃い緑色が一般的ですが、中には赤みのかかった品種もあります。サラダや料理に彩りを加えることができます。さらに、スムージー、スープ、炒め物など、さまざまな料理に使われます。生で食べるほか、軽く茹でたり焼いたりしても美味しく食べることができます。

原産地は、地中海沿岸。温暖な気候での栽培が適していて、1年を通して栽培と収穫が可能です。日本でも、茨城県や島根県、愛媛県、福岡県、鹿児島県などで栽培されています。さらに、ケールは寒冷地域でも栽培が可能で、寒さに強い特徴があります。そのため、秋や冬の時期においても入手しやすく、ケールはその栄養価と食材としての多様性から、健康志向の食事やバラエティ豊かな料理に取り入れられています。

『ケール』の種類

ケールの栄養素について

❶カールズバッドケール (Curly Kale)

カールズバッドケールは、その名の通り、葉が波打つような独特の形状をしています。幅広い緑色の葉が特徴で、比較的柔らかい食感です。一般的には美味しさと視覚的な魅力を兼ね備えています。サラダやスープ、スムージーに使われることがあります。

❷ラシオールケール (Lacinato Kale)

ラシオールケールは、平らで広い葉が特徴で、独特の質感を持っています。通常はサラダや炒め物に使用され、その独自の風味が特徴です。

❸レッドラッセルケール (Red Russian Kale)

レッドラッセルケールは、独特の紫色や赤みがかった葉が特徴です。見た目が美しいため、サラダやディップなどに使われることがあります。

❹シボレーケール (Siberian Kale)

シボレーケールは、寒冷地で育つことができる耐寒性のある品種です。葉が平らで柔らかいため、スープやサラダに適しています。

❺トスカーナケール (Toscano Kale)

トスカーナケールはラシオールケールの一種で、細長い葉が特徴です。イタリア料理においてよく使用され、シンプルな料理に風味を添えます。

これらは一部の代表的なケールの種類であり、地域や生産者によっては他にも様々な品種が存在します。ケールの種類によって風味や利用法が異なるため、好みや使用する料理に合わせて選ぶと良いでしょう。

『ケール』の栄養素とその効果

❶栄養素「カリウム」とその効果

ケールには、カリウムも豊富に含まれています。カリウムはミネラルの一種ですが、ビタミンと同様に人間が体内で作れないので、食事などからバランスよく摂取することが大切になってきます。カリウムには、食塩に多く含まれる”ナトリウム”とのバランスを整える働きなどがあります。カリウムの効果や効能とされているのは、次の4つです。

1)”むくみ”の解消

2)高血圧の予防

3)脳卒中の予防

4)骨密度アップ

授乳中の人などはカリウムが不足しがちとも言われていますので、意識して摂って頂きたい栄養ですね!

チンゲン菜の栄養素について

❷栄養素「ビタミンK」とその効果

ビタミンKも、ケールに多く含まれるビタミンのひとつです。ビタミンKは、血液を凝固させる働きを持つ脂溶性ビタミンです。緑葉野菜や海藻類、緑茶などに含まれるビタミンK1と体内の腸内細菌によって合成されるビタミンK2の2種類があります!ビタミンKの効果や効能とされているのは、次の4つです。

1)カルシウムの吸収を助けてくれる

2)骨からカルシウムの流出を防いでくれる

3)出血した際に出血を止めてくれる

4)動脈(血管)の内側にカルシウムが沈着して硬くなってしまう石灰化を抑制する

ビタミンKは、骨に存在するオステオカルシンと呼ばれるカルシウム結合タンパク質を活性化させ、カルシウムの骨への沈着を促して流出を防いでくれます。そして、コラーゲン生成も促進してくれるので、骨粗しょう症の治療薬にも使用されるビタミンなんです♪

キャベツの栄養素について

 

❸栄養素「ビタミンA」とその効果

ケールはビタミンAの優れた源の一つです。ビタミンAは視力、免疫機能、肌の健康、細胞の成長や発達に不可欠な栄養素であり、ケールにはこれらの健康へのポジティブな影響をもたらすビタミンAが豊富に含まれています。特に、視神経の正常な機能や暗視能力の向上に寄与します。これは、夜間運転や暗い場所での視界を向上させる助けになります。ビタミンAの効果や効能とされているのは、次の4つです。

1)視神経の正常な機能や暗視能力の向上

2)免疫機能の強化

3)抗酸化作用があり、細胞を酸化ストレスから保護し、細胞の老化を遅らせ、様々な慢性疾患の予防

4)肌の表皮を強化し、乾燥やしわを抑制する効果

ビタミンAは、バランスの取れた食事から摂取することが重要です。健康な成長、視力、免疫機能、細胞の分化、そして健康な皮膚の維持などに重要な栄養素です。

ケールの栄養素について

 

❹ケールの栄養素とその効果まとめ

ケールの栄養素について

新鮮な『ケール』の選び方

新鮮なケールを選ぶ際には、4つのポイントに注意することが大切です。

❶葉の見た目が重要

健康なケールは濃い緑色でみずみずしく、生命力に満ちています。選ぶ際には、葉が元気で潤っており、色合いが鮮やかなものを選ぶと良いでしょう。葉がしおれていたり、茶色い斑点がある場合は、鮮度が低い可能性がありますので避けた方が良いです。

❷葉の形状や密度

新しい葉が中心から外側に向かって広がり、密集しているものが良いとされます。これにより、シャキシャキとした食感が期待できます。逆に、ばらけていたり、葉がバラバラに広がっている場合は、新鮮さが欠けている可能性があります。

❸葉の大きさ

一般的に、小ぶりで柔らかい葉が新鮮な傾向があります。ただし、ケールの品種によって葉の大きさにはバリエーションがありますので、使用目的に合わせて選ぶと良いでしょう。さらに、太陽光を浴びているかどうかも確認すべき点です。太陽光を浴びていると、葉に豊かな栄養素が蓄えられやすくなり、味わいや栄養価が向上します。

❹切り口が綺麗

根元がしっかりしており、黒ずんだりしていないことを確認しましょう。根元が切られたものは栄養価が低下しやすいため、できるだけ新鮮な切り口があるものを選びましょう。

これらのポイントに注意してケールを選ぶことで、美味しさや栄養価を最大限に楽しむことができます。

ケールの栄養素について

『ケール』の保存方法

ケールを新鮮で美味しい状態で保存するためには、適切な方法と条件を理解し、効果的な保存手段を選ぶことが重要です。以下に、ケールを保存する際の一般的な方法を詳しく説明します。

❶冷蔵庫での保存

ケールは冷蔵庫での保存が適しています。まず、ケールを袋に入れるか、ビニールラップでくるんで、冷蔵庫の野菜室に保存します。湿気があると腐りやすいので、キッチンペーパーで包むか、通気性のある袋に入れて保存すると良いでしょう。

❷冷凍庫での保存

ケールは冷凍保存も可能です。洗ってからよく水分を切り、使いやすい大きさに切ったら、冷凍袋に分けて保存します。冷凍保存により、長期間新鮮な状態を保ちながら、栄養価を一部保持することができます。

❸切り口の処理

ケールを切り取ったら、新しい切り口ができるので、ビニール袋に入れて保存すると効果的です。ただし、できるだけ新鮮な状態で調理するために、切る前に保存することをおすすめします。また、切り口が乾燥しないように注意して保存し、使い残した場合は冷凍保存しておくと便利です。

❹湿気との戦い

ケールは湿気に弱いため、湿度を適切に管理することが重要です。湿気を吸収しやすいので、保存容器に乾燥剤を入れるか、キッチンペーパーで包むことで湿気を抑えることができます。

❺使い切り方

ケールはできるだけ早めに使うことがおすすめです。新鮮なうちにサラダ、スープ、スムージーなどに活用しましょう。

➏栄養価の変化

保存期間が長くなると、ケールの栄養価は減少することがあります。特にビタミンCやビタミンKは酸化しやすいため、新鮮なうちに摂取すると良いでしょう。

以上が、ケールを新鮮で美味しい状態で保存するための基本的な手順です。個々の状況によって最適な保存方法は異なるため、できるだけ早めに使い切るか、使い残した場合は効果的な保存方法を選ぶことが大切です。

ケールの栄養素について

ケールの栄養や効果、特徴をチェックすることはできましたか?チェックした栄養や特徴が、あなたの今晩の料理や献立、健康を保つことに役立ってくれたら、とても嬉しいです。

人気急上昇中のレシピ

忙しいあなたにピッタリのレシピ達です♪

鶏もも肉とたっぷりネギの甘酢ネギ炒め

鶏もも肉とたっぷりネギの甘酢ネギ炒め

ツヤツヤの鶏肉がゴロっと入った甘酢ネギ炒め。ジューシーで一口食べれば鶏もも肉の旨味がジュワ~っと口いっぱいに広がります♪そして、甘酢ダレと鶏もも肉に絶妙に絡み合って最高に美味しい!見ているだけでご飯が欲しくなってきそうじゃないですか?( *´艸`)

ナスとパスタソースで簡単ボロネーゼ丼

【2024年1月最新】『ナスとパスタソースで簡単ボロネーゼ丼』が仕事帰りに15分でできた!帰宅が楽しみになる晩ご飯レシピ

レシピをすぐ見たい方は、こちらからどうぞ。   ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です! 今回は「豚ひき肉」「ナス」を使って、『ナスとパスタソースで簡単ボロネーゼ丼』を作ってみました。味付け […]

ブロッコリーと豚しゃぶの中華サラダ

【2024年1月最新】『ブロッコリーと豚しゃぶの中華サラダ』が仕事帰りに20分でできた!帰宅が楽しみになる晩ご飯レシピ

レシピをすぐ見たい方は、こちらからどうぞ。   ども、トモキッチン(@tomo_kitchen883)です! 今回は「豚肉」「ブロッコリー」「ミニトマト」「かいわれ大根」を使って、『ブロッコリーと豚しゃぶの中華 […]

お待たせいたしました。それでは、さっそく『イタリアンドレッシングのケールサラダ』に必要な材料と作り方をご紹介します。

レシピへ

イタリアンドレッシングのケールサラダ

◆材料

  • ケール ・・・・・・・ 2〜3枚
  • 紫キャベツ ・・・・・ 1〜2枚
  • にんじん ・・・・・・ 1/2本
  • コーン ・・・・・・・ 1/2缶
  • レモン汁 ・・・・・・ 大さじ2
  • オリーブオイル ・・・ 大さじ2
  • 塩コショウ ・・・・・ 小さじ1/2
  • はちみつ ・・・・・・ 小さじ1/2

◆作り方

 

  • ケール[2〜3枚]は軸を取り除き、2㎝程度の長さに切ります。
  • 紫キャベツ[1〜2枚]は千切りにします。
  • 切ったケールと紫キャベツは水につけて汚れを落としてから水気を切ります。
  • にんじん[1/2本]は根本を切り落として皮を剥き、切り口を下にしておき、1㎝幅に切ります。さらに切り口を下にして、繊維に沿って幅1.5㎝幅の短冊状に切ります。(*今回はベビーにんじんを輪切りにしています)
  • にんじんはラップをして30秒ほどレンジで加熱しておきます。
  • コーン[1/2缶]はザルに移して水気を切っておきます。
  • 大きめのボウルにレモン汁[大さじ2]と塩コショウ[小さじ1/2]、はちみつ[小さじ1/2]を入れて、泡立て器でよく混ぜ合わせます。
  • 混ぜ終わったら、オリーブオイル[大さじ2]を少しずつ加え、混ぜ合わせていきます。

1

 

  • ドレッシングが完成したらケールと紫キャベツ、にんじん、コーンを加えて満遍なく和えていきます。

2

 

  • 器に盛り付ければ出来上がりです。

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございます。よろしければ、また違うレシピでお会いいたしましょう。それでは皆様、本日も1日Let’s クッキング♪

ケールは世界中で健康的な食材として知られ、その栄養価の高さから注目を集めていますが、知られざる逸話も存在します。以下は、ケールにまつわるいくつかの興味深い逸話です。

1.古代の健康食材

ケールは実は非常に古い歴史を持つ食材です。紀元前2000年頃、古代エジプトやギリシャ、ローマで既に栽培され、健康に良いとされていました。古代人々はその栄養価を認識し、料理に活用していたと考えられています。

2.第二次世界大戦の時の役割

第二次世界大戦中、ケールは一部の地域で非常に貴重な食材となりました。戦時中の食糧不足に対処するため、人々はケールを積極的に栽培し、食卓に取り入れました。その頃のレシピ本には、ケールを使ったクリエイティブな料理が多く記載されています。

3.ケールの再評価とブーム

2000年代に入り、ヘルシーな食材への注目が高まる中で、ケールは再評価され、健康志向の食事に欠かせない存在となりました。特に、スムージーやサラダ、スープなどに利用され、そのユニークな風味やシャキシャキとした食感が多くの人に愛されるようになりました。

4.ケールの品種の多様性

ケールは多くの品種が存在し、それぞれ異なる特徴を持っています。一般的に知られているのはカールズバッドケールやダイノケールなどですが、実はさまざまな色や形状のケールが栽培されています。例えば、ピンクや紫色のケールも存在し、食卓を彩り豊かにしています。

5.ケールの栄養と健康効果

ケールは低カロリーでありながら、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維、ミネラルなどが豊富に含まれています。これにより、視力のサポート、免疫機能の向上、骨の健康の促進、抗酸化作用などさまざまな健康効果が期待されています。

6.ケールの再生技術

ケールは再生技術を用いて、摘んだ後に再び新しい葉を生やすことができます。これにより、一株のケールから繰り返し収穫できるため、持続可能な食材としても注目を浴びています。

7.ケールの文学と芸術への影響

ケールは食物だけでなく、文学や芸術にも影響を与えています。いくつかの文学作品や絵画において、ケールは豊かな色彩と健康的なイメージの象徴として登場します。これにより、ケールは単なる食材を超えて、文化的な要素としても重要視されています。ケールはそのユニークな歴史や特性から、食卓に彩りを添えるだけでなく、文化や歴史においても多くの面で影響を与えています。その知られざる逸話を紹介することで、ケールが持つ興味深い一面に触れることができるでしょう。

8.ケールのインターネット・ミーム

ケールはヘルシーで栄養価が高いことから、インターネット上でユーモラスなミームやジョークの対象となっています。例えば、「ケールはすべての問題の解決策」といった冗談めいた表現が広まり、ケール愛好者たちのコミュニティで笑いの種になっています。

9.ケールの地域ごとの変遷

ケールの人気は地域によって異なり、一部の地域では古くから親しまれていたり、特定の料理に組み込まれていたりします。例えば、地中海地域やアジアの一部では、ケールの類似品種が伝統的な食事に取り入れられています。

10.ケールのクリエイティブな利用

ケールは単なるサラダ材料に留まらず、様々なクリエイティブな用途にも利用されています。ケールチップスは、ケールをオーブンで焼いてサクサクに仕上げた健康的なスナックとして広まりました。また、ケールをスムージーやジュースに加えて、飲み物にもアクセントを加えています。

11.ケールの地球環境への貢献

ケールは栽培が比較的容易で、成長が早いため、環境への負荷が少ないとされています。また、再生技術を用いて一株から何度も収穫できることが、サステナビリティの観点から注目されています。これは、食物の未来において持続可能な選択肢としてケールが考えられている一因です。

12.ケールのフェスティバル

ケールの人気は一部の地域でフェスティバルにも発展しています。例えば、ケールの収穫を祝うイベントやケール料理のコンテストが催され、地元のコミュニティが一堂に集まります。これは、ケールが食文化において地域社会と結びついている様子を示しています。

ケールの知られざる逸話は、その歴史、文化への影響、そして食文化における役割を通して、我々に多くの学びや興味深い発見をもたらしています。これはまさに、食材が単なる栄養源を超えて、人間の生活や歴史と密接に結びついている例の一つです。以下はケールの面白い側面に関する話題です。

1.ケールアート

ケールはその独特の葉の形状と美しい緑色から、アートの素材としても活用されています。一部のアーティストは、ケールを使って彫刻や抽象的なアート作品を制作し、これがオンラインや展覧会で注目を浴びています。

2.ケールの冷凍技術

ケールの新鮮な状態を保つために、一部の農家やフードテクノロジー企業は、新しい冷凍技術を導入しています。これにより、ケールの栄養価を高く保ちながら、長期保存が可能となり、消費者にとって利便性が向上しています。

3.ケールのエヴォリューション

ケールは時とともに進化し、新しい品種が生まれています。例えば、レッドケールやラクトケール(特に柔らかい葉を持つ品種)などがあり、これらはケールをさらに多様な用途に適したものにしています。

4.ケールの料理コンテスト

一部の地域では、ケールを使ったユニークな料理を競うコンテストが行われています。プロのシェフやアマチュアが集まり、ケールを主役に据えたクリエイティブで美味しい料理を競い合います。

5.ケールのサプライズな風味

ケールは独特の風味を持ちますが、これは料理の隠れたスターとなることがあります。例えば、ケールをスムージーに加えると、その新鮮で爽やかな風味がフルーツとの相性をより良くし、美味しいドリンクに変身します。

6.ケールのフードトレンド

ケールは一時的なブームだけでなく、長期的な食のトレンドの一部ともなりました。これは健康志向の高まりやバラエティ豊かな食事への関心が広がった結果です。

7.ケールのバリエーション料理

ケールは単なるサラダだけでなく、様々な料理にアレンジされています。ケールチップス、ケール入りのパスタ、ケールのスムージーなど、その柔軟性と栄養価を生かしたアイディアが次々と生まれています。

これらの面白い側面やケールの新しい利用法は、食文化の進化や健康志向の変化を反映しています。ケールはその独自の特性と美味しさから、料理やアート、トレンドにおいて広く愛され続けています。

ケールの歴史は非常に古く、様々な文化で見えてきました。以下に、ケールの歴史に関する主なポイントをまとめてみます。

1.起源

ケールは地中海地域が起源とされています。 紀元前2000年頃、古代エジプトやギリシャ、ローマで栽培されていたと考えられています。 ギリシャでは、特にオリンピック競技の選手たちがケールを食べて体力をつけていたとされています。

2.古代ローマと中世ヨーロッパ

古代ローマ時代には、ケールは一般的な食材として広く利用され、その後中世ヨーロッパでも重要視されました。 ケールは寒さに強く、冷涼な気候でも育つため、北ヨーロッパやイギリスで気に入りました。

3.アメリカへの伝来

ケールは17世紀に北アメリカに導入されました。アメリカの植民地時代においても、ケールは食卓に登場し、その栄養価の高さが気に入りました。

4.戦時中の重要性

第二次世界大戦中、ケールは戦争における食料不足の時期において、その豊富な栄養価から特に注目されました。不足を補う努力をしました。

5.栄養と健康ブーム

21世紀に入り、健康意識の高まりとともにケールは再評価、スーパーフードとして注目を集めました。栄養価が高く、低カロリーであるため、ダイエットや健康志向の食事に適した食材としての人気を博しました。

6.食文化の覚悟

ケールは現代の食文化において、サラダやスムージー、スープなど様々な料理に取り入れられています。その独特な風味やシャキシャキとした食感は、多くの食卓で楽しまれています。

7.品種な品種

ケールは多くの品種が存在し、それぞれ異なる形や色を持っています。一般的に知られているのはカールズバッドケールやラクトケールなどですが、ピンクや紫色のケールもあり、その品種性が楽しまれています。

ケールは時代とともに異なる文化で栽培され、その利点的な風味や栄養価が人々に愛てきました。